看護師になる人たち

看護師看護師と聞いて思い出されるのは、小学校の頃の同級生の女ん子のほとんどは、

 

将来看護師になりたいと文章で書いていたのが思い出される。

 

 

 

やはり、女性の職業というのもあるかもしれないし、白衣という制服は職業の象徴として

 

映っていたのだろう。あまりにも、多かったのである。

 

 

 

その彼女たちも、年を重ねるにしたがって、看護師以外の職業へと希望が変化していく。

 

それは、新しい選択肢を選ぶ人もいれば、挫折した人もいるだろう。

 

パートの求人 企業看護師 求人 毛穴 化粧品

 

 

だが、子供ではわからないが、看護師というのは結構過酷な労働である

 

私も大人になって、病院絡みの職業についたのであるが、看護師の働きぶりには、

 

頭が下がる思いである。

 

まず、第一に病院は常に人が死ぬところである。人間だれしも仲良くなれば別れは辛くなる。彼女たちは、それを日常で繰り返すのである。ある意味残酷な世界でもあるのだが、それらの中で健気に働いている。

 

 

 

第二に、病院は24時間体制である。そのため、夜勤と日勤を繰り返すため、不規則な生活パターンになるのである。これは私にとっても大変きつい。やはり、生活リズムが一定のほうが生活しやすいのである。体力的にも大変だろうに彼女たちは懸命に働く。もちろん、人の命を預かっているという責任感もあるのだろうが。

 

 

だが、看護師の方々は、そんなこと一切言わずに働いている。私があった看護師のみなさんはほとんどが立派な人たちであった。自信の仕事に誇りを抱き、過酷な現実を跳ね除けているのである。

 

 

 

そこで、気づいたことがある。

 

そういった看護師の中には、小さなころから看護師になるのが夢だったという人が圧倒的に多いのだ。小さい頃からの夢をかなえるのは、簡単なことではない。その中で、初志貫徹を貫く、思いが看護師の仕事を支える根本なのかもしれません。